京都日曜画家協会(【森の京都】高雄山神護寺、るり渓、日吉ダム)
【森の京都】高雄山神護寺、るり渓、日吉ダム

おしらせ

京都日曜画家協会

京都日曜画家協会は1967年に大阪の日曜画家協会結成と同時に京都支部として発足しました。その後1977年に京都日曜画家協会として独立し現在に至っています。絵を描くことが好きな老若男女、アマチュアもプロ級もいる集まりです。みんなそれぞれ思い々に油絵,水彩画,パステル画,スケッチ画,テンペラ画,日本画,水墨画などを自由に自分なりの絵で描き、講師による講評や仲間同士でお互いの絵画を合評したり意見を言い合ったりして和気あいあいと言い合える愛のある会です。日曜日(第1,第3を予定)には、みんな健康的に京都を中心に自然の中を歩き回り、気に入った写生場所で気軽にのびのびと絵を描くことによりストレスの発散や脳の活性化にもなり、充実した1日を過ごしています。また、暑い夏や寒い冬には室内でモデルによる人物画などを描き、たまに(年1,2回を予定)貸し切りバスで遠方への日帰り写生会も実施しています。そして半年の成果の発表の場として、春・秋に協会展を催します。

スマフォ用 京都日曜画家協会ホームページ

スマフォ用に見やすくした各ページです。(簡略版)

QRコードから読み込んで閲覧してください。

メーカー、画面サイズによってズレることがあります。

スマフォ閲覧ソフトのブックマークに登録、またはスマフォのホーム画面に追加でショートカットを作成していただければ幸いです。

スマフォ用ホームページへ ⇨➡ジャンプ

スマフォ用ホームページ
スマフォ用ホームページ